弦間 昭彦

弦間 昭彦

日本医科大学大学院医学研究科 呼吸器内科学分野 主任教授

人に優しい先進医療

私どもの教室は、呼吸器疾患と腫瘍内科の診療を中心に行っています。
スタッフは、関連ページにお示し致しておりますが、名のある専門医を配しており、全国トップレベルの質と層の厚さを誇ります。呼吸器疾患は、気管や気管支、そして肺に起こるすべての病気を含んでおり、日常によく見かける病気が多数含まれます。
また、腫瘍(がん)は、ご承知のとおり、日本人の死因1位となって久しく、疾病対策上、最も重要な病気の一つとなっていますが、最近、薬剤による治療が速度をあげ進歩してきている病気でもあります。

具体的に、私どもが、どのような方の診療を行っているかと言いますと、「咳や痰が出る」、「血痰が出た」、「息が切れる」、「胸が痛い」、「眠っているときに息が止まることがある」といった病状のある方や、健康診断や癌検診で“異常がある”と言われたという方を中心に拝見しています。
対象となる疾患は、がん、COPD(肺気腫、慢性気管支炎)、間質性肺炎・肺線維症、肺炎、気管支喘息、睡眠時無呼吸症候群など多彩であります。
私どもの教室では、この多彩な病気に対して広く専門的に診療出来る体制を整えています。特に、がん(弦間昭彦教授、清家正博教授、久保田馨教授)、COPD(木村弘寄附講座教授)、一般呼吸器(日野光紀病院教授)、間質性肺炎・肺線維症(吾妻安良太教授、齋藤好信准教授)など難治の病気には、特別な体制をとっておりますので、このような病気をご心配の方は是非ご受診ください。

当教室の診療の特徴を挙げますと、第一に「人に優しい先進医療」を目指している事です。医師としての人間「愛」は、当大学の第一に揚げられている「学是」であり、教室員一同、この実践を心がけています。

専門分野における特徴に移りますと、がんについては、特に肺癌の領域で、遺伝子診断による効果、副作用の予測、医用工学の応用、新薬による治療など最先端の方法を取り入れながら、新しい治療法の開発に力を尽くしている事が挙げられます。世界最高の雑誌にも多くの論文が取り上げられています。

また、総合病院であることから、いろいろな病気を併せ持っている方についてのがん診療は、特に強い分野と考えています。次に、「息切れ」を主な病状とするCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、結核後遺症という病気や、睡眠時無呼吸症候群の診療では、在宅での治療が中心となっています。私どもの教室では、こうした方々のために、市ヶ谷駅の近くに「日本医科大学呼吸ケアクリニック」(所長:日野光紀病院教授)を開設し、専門外来を行っています。
本院の外来とあわせてご利用ください。

厚生省が難病に指定している肺線維症(特発性間質性肺炎)、サルコイドーシス、びまん性汎細気管支炎(DPD)などの診療ですが、私どもの教室は、長年、厚生労働省研究班の施設として、日本におけるこの領域の診療の進歩のために努力してきました。最近では、肺線維症の新薬開発で、世界トップクラスの評価を受けています。
通常の診療はもとより、患者の皆様とともに、難病の新しい治療法を見いだすため、全力を尽くしています。

大学病院(特定機能病院)ですので、かかりつけ医の先生方や近隣の病院からの診断・治療のご依頼が毎日の新しい患者様の半分以上を占めますが、紹介状が無くても結構です。毎日(月曜日から土曜日)午前・午後。
5人以上の呼吸器専門医や腫瘍内科医が外来で拝見いたします。
病棟では、常時60人を超える入院患者様について、精密な検査や外来ではできない治療に当たっています。
診断の難しい病気や重症の場合でも、層の厚い医師集団が結束して診断および治療を進めます。

トップクラスの診療をお約束致しますので、安心して、遠慮なくご受診頂きたいと思います。

全国有数のスタッフ ―質の厚さ―

私どもは、呼吸器疾患と腫瘍内科の診療を中心に行っています。スタッフは、関連ページにお示し致しておりますが、スターと言って良い名のある専門医を層厚く配しており、診療内容は全国トップレベルとの評価を受けています。

対象となる疾患は、がん、COPD(肺気腫、慢性気管支炎)、間質性肺炎、肺線維症、肺炎、気管支喘息、睡眠時無呼吸症候群など多彩であります。
特にがん(弦間昭彦教授、清家正博教授、久保田馨教授)、COPD(木村弘寄附講座教授)、一般呼吸器(日野光紀病院教授)、間質性肺炎・肺線維症(吾妻安良太教授)など難治の病気には、特別な体制をとっておりますので、是非ご紹介いただければ幸いです。

当教室の診療の特徴を挙げますと、がんについては、特に肺癌の領域で、遺伝子診断による効果、副作用の予測、医用工学の応用、新薬による治療など最先端の方法を取り入れながら、新しい治療法の開発に力を尽くしている事が挙げられます。
また、総合病院であることから、合併症を有しているがん診療は、特に強い分野と考えています。COPD(慢性閉塞性肺疾患)、結核後遺症や、睡眠時無呼吸症候群の診療では、在宅での治療が中心となっています。

私どもの教室では、市ヶ谷駅の近くに「日本医科大学呼吸ケアクリニック」(所長:日野光紀病院教授)を開設し、専門外来を行っています。
厚労省が難病に指定している肺線維症(特発性間質性肺炎)、サルコイドーシス、びまん性汎細気管支炎(DPB)などの診療については、私どもの教室は、長年、厚生労働省研究班の施設として、日本におけるこの領域の診療の進歩のために努力してきました。最近では、肺線維症の新薬開発で、世界有数の評価を受けています。通常の診療はもとより、難病の新しい治療法を見いだすため、全力を尽くしています。

毎日(月曜日から土曜日)午前・午後、5人以上の呼吸器専門医や腫瘍内科医が外来で拝見いたします。診断の難しい症例や重症例の場合でも、層の厚い医師集団が結束して診断および治療を進めます。
安心して、遠慮なくご紹介いただければ幸いです。

全国トップレベルの「呼吸器内科」、「腫瘍内科」教育体制を整備、
真に実力ある医師を育てています

当教室は、社会的に重要度の高まっている呼吸器内科、腫瘍内科(あるいは両方)の領域を専門とする優れた臨床医を育成することを目標にしています。
この二つの領域の患者は増加の一途を辿り、内科の中でも、「メジャー中のメジャー」で有り続ける事が予想されている領域です。このような領域の「実力ある専門医」を育成するための当教室の戦略は明確であります。

  1. 認定医、専門医を取得(認定内科医、呼吸器専門医・指導医、総合内科専門医、呼吸器内視鏡専門医・指導医、がん治療認定医・教育医、臨床腫瘍学会薬物療法専門医など)
  2. 臨床医として優れた実力の養成
  3. 世界規模でスピードを上げて進んでいるゲノム時代の進歩を理解出来る素養の重視

1.2を同時に達成するため、関連派遣病院は各認定医専門医の認定病院である選りすぐりの病院(国立がんセンター、都立駒込病院、都立広尾病院、日赤医療センター、横浜労災病院など)です。
このような関連施設を複数経験してもらう事で、「有数臨床研修病院の研修システムを、複数、体験出来る理想」を実現しています。
また、学内の診療も高度に保つため、学外からの著名な指導者招聘を含めた体制整備を行い、全国トップともいえる教授陣が形成されています。

【がん:弦間昭彦教授、清家正博教授、久保田馨教授、廣瀬敬教授、勝俣範之教授】
【COPD:木村弘寄附講座教授、】
【間質性肺炎・肺線維症:吾妻安良太教授、齋藤好信准教授】
【一般呼吸器疾患:(日野光紀病院教授)】

3の実現のため、研究体制を堅持し、臨床医としての研究機会を用意しています。その結果、世界最高峰の医学雑誌に多くの論文を掲載しています。
大学教室内での研究を重視するとともに、国内外の有名研究施設(国立がん研究センター研究所、国立循環器研究センター研究所、アメリカNational Institutes of Health、ネブラスカ大学、UCSFなど)への留学も積極的に勧めています。

これらの戦略は、最大公約数の目標に対して環境を整備しているものであり、個人の目標の多様性にも柔軟に対応しています。