肺癌研究グループ

臨床研究 年間200例を越える肺癌を中心とした悪性腫瘍の診断や150例を越える化学療法・分子標的治療などの最先端の集学的治療・個別化治療を行っています。特に北東日本研究機構(NEJ) 、胸部腫瘍臨床研究機構(TORG)、

Read More »
炎症性疾患研究グループ

診療活動と臨床研究 間質性肺炎をはじめ診療上鑑別の難しい疾患群の日常診療を通して、病態解明に取り組んでいます。特に原因不明の「特発性間質性肺炎」は厚生労働省 特定疾患に指定される難病です。患者さんの予後改善を目標に、病態

Read More »
薬剤性肺疾患・肺疾患合併肺癌研究グループ

薬剤性肺疾患 あらゆる薬物療法が呼吸器に副作用を起こす可能性があり、薬剤に起因する呼吸器疾患は年々増加してきています。薬剤が関連する呼吸器疾患は、間質性肺炎を中心とする薬剤性肺障害のほか、時に感染症であることもあります。

Read More »