研修医・医学生の皆様へ

呼吸器疾患は、悪性腫瘍、びまん性肺疾患(間質性肺炎・肺線維症)、閉塞性肺疾患(COPD)、アレルギー疾患(気管支喘息)、感染症(市中肺炎・抗酸菌症)など多彩な疾患群を包括しています。

日本医科大学呼吸器内科は、悪性腫瘍、びまん性肺疾患、閉塞性肺疾患を診療・研究の3本柱として、仁井谷久暢教授、工藤翔二教授、弦間昭彦教授が築き上げてきた日本におけるトップレベルの呼吸器内科学教室であり、全国的に知名度の高い専門医を層厚く配しております。都内中心に有数の基幹施設や関連病院を数多く有しているとともに、指導医も院長や診療部長などの要職にあります。これらの人間性豊かな指導医や関連病院での多彩な教育を受けることができる内科専門研修プログラムや呼吸器専門研修プログラムは国内随一であります。

基礎研究においても、国内外の有数の研究施設との共同研究を進めており、学位習得のみならず、希望者には海外留学を積極的に推奨しています。このように希望する専門医および学位取得をお約束するとともに、大学教員、市中病院勤務、開業、基礎研究医および海外勤務などの将来の多くの可能性に対して幅広い選択肢を提供致します。

当科に少しでもご興味のある先生方は気軽にご連絡下さい。皆様と一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

日本医科大学医学研究科 呼吸器内科学分野
教授  清家 正博