新入局員1(千田先生)

千田 絵里佳

平成31年度入局

日本医科大学を卒業後、東京臨海病院で初期研修を行いました。初期研修にて呼吸器疾患の多様性や全身疾患との関わりに興味をもち、専攻を希望しました。
母校とはいえ、他施設で初期研修を行っていたため当初不安な点は多くありましたが、見学の際に指導の温かいや熱心さに触れ、入局することを決めました。入局し専修医としての日々が始まり未熟さを痛感するばかりですが、日々先生方に丁寧にご指導頂くことができており、毎日充実した日々を過ごしております。
当科は臨床、研究、教育の全方面に熱心であり、専修医としては学びの機会が非常に多くある、何よりとても温かい医局です。日本医大研修に関わらず、私のように他施設で初期研修を行った研修医の先生方に是非一度見学にいらして頂きたいと思っております。
新入局員2(宮下先生)

宮下 稜太

平成31年度入局

日本医科大学を卒業後、日本医科大学付属病院で2年間研修を行いました。
研修医の時に呼吸器内科をローテートして、呼吸器疾患の様々な病態と奥深さに惹かれて興味を持つようになり、医局の教育的でありながらもアットホームな雰囲気に触れて入局することを決めました。
臨床、研究共に盛んな活気あふれる医局で、優秀な同期にも恵まれ、日々刺激を受けながら過ごしています。
新入局員3(齊藤先生)

齊藤 翔

平成31年度入局

私は日本医科大学を卒業し、日本医科大学付属病院で初期研修を修了しました。
もともとは総合内科や総合診療に興味があったのですが、今からの時代、何か一つでもスペシャリティがあったほうが強いと考えるようになり、総合的に診療ができる専門内科はどこだろうと考えるようになりました。
呼吸器内科は感染症・アレルギー疾患・膠原病・悪性腫瘍・肺循環器疾患など多岐に渡る疾患を診療することができ、需要も多く将来性のある点が魅力的だと考えました。また、BSLや初期研修ローテーションで、当院の呼吸器内科は上級医の先生方が教育に熱心であり、忙しい中でも多くのことを学べると実感していたため、母校の呼吸器内科に入局を決めました。
 慣れない中で至らない点も多い日々ですが、教育的なご指導を頂き、毎日成長を感じています。入局先を迷っている先生方、ぜひ一度見学にいらしてください。お会いできる日を楽しみにしています。
新入局員4(宮寺先生)

宮寺 恵希

平成31年度入局

日本医科大学を卒業後、母校の付属病院で2年間の初期研修を行いました。初期研修では内科を中心にローテーションしましたが、呼吸器内科では肺がん・悪性中皮腫などの悪性疾患から、喘息・間質性肺炎など良性疾患、さらには感染症など多岐にわたる疾患について学べることに魅力を感じました。
研修中は各分野の専門性を持った先生方がとても熱心に教えてくださり、ここでならしっかりと研鑽を積むことができると思い入局させていただきました。また、日本医科大学の呼吸器内科では、臨床だけではなく研究にも力を入れており、そのことも入局を決めた理由の一つです。
4月の入局後からはグループ制での診療にあたっており、分からないことはすぐに先生方に相談できるとても雰囲気の良い医局です。
新入局員5(松木先生)

松木 覚

平成31年度入局

日本医科大学を卒業後、日本医科大学付属病院で初期研修を行いました。
研修を通じて、呼吸器内科は疾患が多岐にわたり、急性期から慢性期まで幅広くみることができることに魅力を感じ、現在に至ります。
主にグループ診療なので、数多くの患者さんを担当しながら、上級医から手厚く熱心な指導を受ける事ができ、とても充実した日々を過ごさせて頂いております。居心地が良く、モチベーションも高めてくれる医局であると感じています。
新入局員6(芳賀先生)

芳賀 三四郎

平成31年度入局

日本医科大学を卒業後、千葉北総病院で2年間初期研修を行いました。
北総病院、附属病院で呼吸器内科をローテートさせていただいた際に呼吸器疾患の奥深さに魅力を感じ、また諸先生方の熱く温かい御指導に触れて、母校である日本医科大学の呼吸器内科への入局を決めました。
入局してからは未知なことも多く、自分の未熟さを感じているところではありますが、先生方の温かい御指導もあり、日々研鑽を積ませていただいております。
医局内の雰囲気も良く温かい先生方ばかりなので、私たちの医局は閉塞感を感じることなく、臨床医として成長できる環境だと思います。